カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)
10,000円(税抜)
購入数

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)
10,000円(税抜)
 地球のクラウドはアカシックレコードです。アカシックレコードの神様はインドではアカーシャー、日本では虚空蔵菩薩と言われています。虚空蔵菩薩さんは、地球の情報がそこに全部入っている虚空の蔵、クラウドの神様で、空海さんが修められた虚空蔵求聞持法はアカシックレコード・リーディングです。空海さんはほんとにすごいなと思います。
 私はよく空海さんがかかわっているところに行きます。大垣に金生山があって、金生山の一番上に明星輪寺があります。ここに虚空蔵菩薩さんがいらっしゃって、日本三大虚空蔵と言われています。法螺貝を吹いて山で修行する行者さんがいますが、持統天皇の勅願により、最初の行者である役行者(えんのぎょうじゃ)が明星臨時を開き、持統天皇が閉じて、その後衰退していたが、空海がまた開いたと言われています。ポイントは、役行者と持統天皇はセオリツヒメを封印したメンバーで、空海はそこを全部守って寺にしてきているということです。円空さんも仏を彫ったところは全部セオリツヒメがいるところです。
----なぜセオリツヒメを封印したんでしょうか?
 いろいろなことが言われている中では、アマテラスさんは実は男で、その奥様がセオリツヒメである。だけど、持統天皇は女の天皇陛下で、女のほうが上であるということを知らせたい。そこで、アマテラスは女で、弟がスサノオだという話になり、その話とリンクさせて、持統天皇はアマテラスだという権威づけをしていった、そういう話があります。本当はどうなのかわからないですが、神樂エッセンスをつくるときにはよくセオリツヒメが見え隠れするところがいつもあって、何かのエネルギーがあるなという感じがあります。
 私は金生山に2回行っています。1回目に「虚空蔵菩薩」さんのエッセンスをつくりました。明星輪寺についての言い伝えによると、虚空蔵菩薩さんが修行中のころ、あるとき蛇と逢瀬がありました。そのときは本物の愛を交わし合ったんですけれども、虚空蔵さんの愛は宇宙的なもので、そのときの出会いのエネルギーの交歓であり、それがもう一度起きるかどうかはわからないんです。でも。蛇は執着があるので、1回そういうことになったら、「私たち夫婦よね。あなた、私の面倒見てよ。私のこと愛してるの」みたいな感じでずっとしつこく追いかけてくる。
 虚空蔵さんは、エネルギーがもう違って愛の交歓ができないので、蛇をずっと拒否し続けました。それでも蛇が追ってきて「どうしても結婚してほしい」みたいなことになったときに、虚空蔵さんは「それを受け入れることができない。もう許してほしい。許してもらうかわりにあなたを私より高い位置に祀ります」と言いました。だから、蛇を祀る蔵王権現のお堂の下に、虚空蔵さんを祀る明星輪寺の本殿があるというわけです。1回目の金生山で虚空蔵菩薩さんをつくったときは、ちょうど照手姫と小栗判官の話がすごい出ていて、その辺のドロドロした、感情部分の解放もあったかもしれません。


【原材料】国産グラッパ(ブランデー)・海塩(国産)・水(国産)
【賞味期限】ラベル内に記載
【内容量】20ml

【製造販売元】
株式会社 和樂神樂
岐阜市長良3490-124

【ご注意】
・効果・効能については、個人差があります。
・合わない場合は、利用を中止し医師に相談してください。

【お問い合わせ先】
花のしずく
岐阜市橋本町1-10-1 アクティブG352
058-213-0256



-->
この商品を購入する